« 個人レッスン体験記
2)作文してから会話のレッスン
| Main | 「中国語ジャーナル」で
語彙を増やし、読む力と聞く力をつける »

個人レッスン体験記
3)私の作文紹介します(汗!)

作文してから会話するというレッスン方法を始めてから、私は作文が楽しくなりました。
もちろん先生には徹底的に直されてしまうのですが、それでも楽しかった。

テーマを決めたら、今まで学習してきたテキストの中の文章を思い起こしながら、それらの文章を利用して、テーマにあった単語を入れて作文します。
暗記に励んだおかげで、文章はどんどん頭に浮かんできます。

この日本語は中国語ではどういうのだろう、という場合には、日中辞典で調べます。
(調べた単語は、使い方が違うと指摘されることが多かったのですが。)

恥ずかしいのですが、私がそのころ書いた作文をご披露します。
もちろん、先生に直してもらったものですが、私がこのブログでご紹介している学習方法で学べば、このくらいの作文ができるようになるんだという、参考としてご覧ください。

東京、奥多摩の、ある造り酒屋を友人と訪ねた時の思い出をつづったものです。

  东京的中间有一条很长的河,叫多摩川。这条河的上流有一个小村子,有山有水,是个很好的地方。
这里有一家很有名的造酒公司。这家公司酿的日本酒,又甘又香,喝过的人永远不能忘记了。
  今年秋天,我请几个朋友一起去这家公司。参观造酒的过程当然是很有意思的,可是我们的目的不是参观,是试饮。我和朋友们都爱喝酒,尤其是白喝酒。
  这家公司给来参观的人尝尝新酒。我们都知道这个,所以参观工厂的时候,心不在焉,一直想着新酒的味道。
  终于参观完工厂,讲解员把我们送到一个房间。我们走进一看,只见几个酒桶等着我们!
酒桶旁边站着两个穿和服的小姐,她们从酒桶里舀酒往杯子里倒入,交给大家。
  我们拿着杯子走到靠窗户的桌子。我们一坐下,服务员就拿上来一盘烤鱼。
窗户外边是多摩川,月色下,鳞鳞波光。品尝着甘美的日本酒,吃着从多摩川捉来的河鱼,感觉非常地写意,好像把世间的烦恼统统都忘了。


|

« 個人レッスン体験記
2)作文してから会話のレッスン
| Main | 「中国語ジャーナル」で
語彙を増やし、読む力と聞く力をつける »

12)個人レッスン体験記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45153/44765069

Listed below are links to weblogs that reference 個人レッスン体験記
3)私の作文紹介します(汗!)
:

« 個人レッスン体験記
2)作文してから会話のレッスン
| Main | 「中国語ジャーナル」で
語彙を増やし、読む力と聞く力をつける »