Posts categorized "10)会話力養成法"

刺身の食べ方を中国語で説明するテキストがあった:「生活中国語」

「新中国語」の(4)と(5)の音読筆写を続けながら、いつも考えていました。
早くこれを終わらせて、もっと身近な話題を扱ったテキストをやりたいと。
「新中国語」には、毛沢東やレーニンや解放軍の話が出てきます。共産党御用達の作家魯迅も登場します。しかも成語故事もありますから、テキスト全体が古色蒼然たる印象なのです。
中国語の基礎を身につけるのだから、内容が古臭くても我慢しようと決めてはいましたが、音読筆写するたびに、現代文明から遠く離れた時代遅れの山里で、一人ぼっちで暮らしているような心細い気分に襲われるのはつらかった。

それで、書店に行くたびに、次のテキストを物色していました。
ちょうど、音読200回、筆写100回を終える頃に、神田の古書店で一冊の中国語テキストを見つけました。

『生活中国語 身辺の生活を表現し会話するレッスン』
張乃方・長谷川寛共著、評論社。1982年4月初版発行、1990年5月5刷発行。

この本のはしがきには、こうあります。
<身近な生活のありさまを中国語の易しい言葉使いで言い表した本、そんな本を作ってみたいと私たちはいつも考えています。何故ならば、そうした言葉を話すことができてこそ、中国の方々と本当の交際ができるからです。この『生活中国語』はこうした考えのひとつの現われであります。まず生活面をおおまかに学習、日常、交際、会社などの4項目、計60課に分け、主文として少し長い文例を示し、この主文に関連した語句の説明、会話、作文の問題と回答、そして場合によっては、その他と続きます。>

刺身の食べ方を説明する中国語
まさに、私が探していたテキストでした。
しかも、このテキストの話題は日本を舞台にしています。
たとえば、「こいのぼり」を説明する文章があります。「刺身」についての会話もあります。「台風」に関する文もあります。簡単な中国語で、日本の風俗や習慣を説明する文章や会話の例がふんだんにあるのです。
中国語の基礎を学ぶ段階で、日本のことを中国語で表現する方法を学ぶテキストがあってもいいと思っていた私にとって理想的なテキストでした。

中国で作られたテキストは、中国の歴史や文化を紹介しようとします。外国人に中国語を学んでもらいながら、中国への理解も深めてもらおうということでしょう。おそらく、日本で日本語のテキストを作れば、日本文化や日本の歴史を紹介するテキストになるのだろうと思います。その国の言語と歴史・文化は切り離すことができませんから、当然のことだと思います。しかし、そんなテキストばかりでは、困ったことが起こります。

受身の中国語、発信する中国語
日本人が中国人と会ったとき、互いに自分たちの文化や歴史を紹介し、考え方を伝え合って、互いを理解することが必要だと思うのですが、日本人の我々が、日本の文化や考え方を中国語で表現できなければ、相互理解のためのコミュニケーションは成立しません。

中国で作られたテキストには、中国と中国人を理解するための情報が盛り込まれています。中国の小説や新聞雑誌からも中国と中国人を理解できます。映画やテレビも同様です。
しかし、それらからは、日本人の我々が、中国人に日本をどう説明したらよいのかは、学べません。そういう説明のための中国語を意識して学び、トレーニングしなければ、日本について、中国人に紹介し、主張することはできません。

たとえば中国語のテキストで杏仁豆腐の作り方を覚えた日本人が、中国語で杏仁豆腐の作り方を中国人に説明することなど一生ないでしょう。
しかし、中国人から納豆の作り方や食べ方を質問される可能性は大いにあります(私は台湾で質問されて四苦八苦した思い出があります)。質問されなくても日本人の食生活を説明しようとするときには、納豆のことも話したい、自慢したい。
たいていの日本人なら、納豆の作り方や食べ方を知っています。しかし、それを説明する中国語はスムーズに出てこない。
中国の文化習俗、歴史について書かれたテキストだけで学んでいると、日本のことを発信する中国語が手薄になるのではないか、と私は思っています。

受身の中国語の恐ろしさ
近年、外務省の中国課の人たちに批判が集まっています。彼らは、中国政府の言いなりになっているのではないか、中国に対して、日本の主張をきちんと伝えていないのではないか、と疑われているのです。
外務省の職員になるくらいの人たちですから、優秀な方々だと思います。中国語もよくできるのだと思います。しかし、彼らが学んだのは、受動的な中国語だけだったのかもしれないと、私は思っています。相手の文化と主張を受け入れるだけの、受け身の中国語。
優秀な学生ほど、与えられた教材をしっかり学びます。外務省の人たちも、中国で作られたテキストでしっかり学んだのでしょう。中国の大学に留学して、中国語とともに中国国家の主張も学んできたのでしょう。しかし、彼らに欠けているのは、自分を主張する中国語、日本の主張を堂々と相手に伝える中国語の力なのではないか、と私は思っています。
遣唐使の時代と同じように、中国から学ぶだけで、自国の主張をできないエリートたち。そんなイメージを外務省の人たちに抱いてしまうのです。

こんなふうに日ごろから考えていた私にとって、『生活中国語』は素晴らしいテキストでした。
日本の事柄を表現する方法を学びながら、基礎的な文法や例文を頭に練りこむことができます。テープつきですからリスニングの特訓ができます。本文も会話もすべて対訳になっていますから、音読200回がすんだら、日本語を見て即座に中国語で言うトレーニングにも便利です。

ぜひ、皆さんにもお奨めしたいテキストです。
私が古書店で買ったのは旧版ですが、現在、新版が出ています。

「新版生活中国語」張乃方・長谷川寛(共著)評論社

| | Comments (8) | TrackBack (1)

中日対訳テキストで、中国語表現力を養おう

私が使った旧版の「生活中国語」は、全60課で、250ページあり、本文、会話はすべて対訳になっています。また作文練習にはすべて中国語の解答がついています。テープもついていました。

NHK中国語講座をやり、「実用漢語課本(2)」を暗誦し、「新中国語」の(4)と(5)をいやというほど音読、筆写した私にとって、「生活中国語」は、とても易しく感じました。
では、なぜ、このテキストを使ったのか?
身近な生活の事柄を表現する易しい中国語がタップリ詰め込まれているテキストだったからです。しかも本文も会話も、舞台は日本です。この程度の事柄を流暢に話せるようになれれば、日本にいる中国人と簡単な会話ができるようになりそうだと思いました。

「生活中国語」で私がやったトレーニングをご紹介します。「生活中国語」ではなくても、今では基礎的な対訳テキストがたくさん出ていますから、そういうテキストの場合にも応用できるトレーニング方法だと思います。

やさしい対訳テキストの活用法

(1)テキストを見ないで、いきなりテープ(あるいはCD)を聞く
テキストに頼らずに、聞くだけで理解できるかどうか、力試しです。
「生活中国語」のテープは比較的ゆっくりとした読み方です。ほとんど問題なく理解できました。
知らなかった単語が出てきますが、何度も繰り返して聞いているうちに、意味を推測でき、文全体の意味も理解できるようになります。推測がついた段階で、テキストを見て確認します。だいたい当たっているものです。間違っていたら、正しい意味をしっかりと記憶します。

(2)テープと同時に発音する
いわゆるシャドゥイングというやつです。ゆっくりした読み方のテープであれば、難なくできると思います。テープにほんの一瞬遅れるだけで、ほとんど同時に言えるようになるのにそれほど時間はかからないはずです。テープについて声を出すのは、一種、快感のようなものを感じます。体で中国語をやっているという感覚です。

(3)日本語訳を見て、中国語を言う
テキストの日本語訳を見て、中国語で言います。テープを聞いたあとなら、だいたい言えるはずです。ただ、細かい間違いを犯すはずです。私は、「就」とか「都」とかを忘れる間違いを頻繁に繰り返しました。
日本語を見て、瞬間的に正しい中国語が口から出るようになれば、このテキストは終了です。

やさしいテキストの日本語訳を活用しよう

日本語訳つきのテキストを買ってきて、その日本語を見ては、中国語を言ったり書いたりする練習をする。
「生活中国語」をやってから、私は、こういう練習法が気に入って、何冊か簡単なテキストを買いました。
しかし、ある日、もっと安価なテキストがあることに気がつきました。NHKのテキストです。NHKのラジオ、テレビのテキストを買って、その日本語訳を見て、中国語に直す練習をする。毎月、テキストが発売されると、書店で買ってきて、週末の二日間、日本語を見ては中国をぶつぶつと言います。言えなかった日本語には印をつけておきます。そして、次の週末、印のついている日本語を中国語で言う練習をします。
毎月これをくり返すだけで、簡単な事柄をどう表現したらよいのかが、いつの間にか身についてきます。

「生活中国語」の日本語訳を紹介します。中国語で言えるかどうか、ちょっとチャレンジしてみてください。うまく言えなかったら、「生活中国語」やNHKテキストを使ったトレーニングを始めてはいかがでしょう。
-------------------------------------------------
彼は引っ越ししたそうで、先月末引っ越して、千葉へ変わりました。彼は以前から高田馬場に住み、交通が便利なのになぜ引っ越ししたのか、私は不思議に思っていました。彼の話では以前住んでいたところは駅に近すぎて、昼も夜も騒音でやかましくてたまらず、我慢できなくて引っ越すことにしたとのことです。
-------------------------------------------------
どうでしたか。うまく中国語で言えましたか。
ついでに、もうひとつ。
-------------------------------------------------
5月5日は元来男の子の節句であったが、その後、子どもの日に変わり、男女の区別をしなくなった。日本の風俗習慣では子どもの日を祝うのに、こいのぼりを立てる。
こいのぼりとは、すなわち布で作った鯉の形をした旗で、黒と赤の二種類がある。こいのぼりを立てる目的は、自分の家の子どもが鯉のように勇敢で健康になるようにと願うことである。

------------------------------------------------
この程度の話ができれば、中国人の友人に日本のことを説明できそうだ、と思いませんか。
「生活中国語」にチャレンジしたくなったのではありませんか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

実習中国語」で基礎の総仕上げ
音読100回、テキスト復元100回

「実習中国語」というテキストがあります。
著者は、「生活中国語」と同じ張乃方、長谷川寛です。出版社は白水社。90分のテープが二本ついています。
このテキストも、本文の内容は日本が舞台となっており、会話は日本人同士あるいは日本人と中国人の会話という設定になっています。「生活中国語」よりもボリュームがあり、難度もずっと高くなっています。
私が使ったのは1990年第17刷発行のものですが、現在も多少改定されて同じ白水社から出ています。
たとえば「伊豆旅行記」「台風」「神保町」「浅草」「野球のシーズン」「健康保険」など、すべて日本の事象に関する本文と会話で、身近な感じがするテキストです。
各課に出てくる成語と語句の活用練習もついていて、中身が濃い。本文、会話、活用練習のすべてが中日対訳になっていて、中国語基礎の総仕上げには理想的なテキストだと思います。

先ずテープを聞くことから始めました。
よく分かるところもあれば、よく聞き取れないところもあるという感じでした。テキストを覗きたい気持ちを抑えて、とにかく繰り返し聴き続けました。半年くらい、毎晩寝る前に聞き続けました。不思議なことに、わかるところが次第に増えてきて、どうしてもわからない部分がだんだんはっきりしてきました。わからない部分には、知らない単語や知らない成語が使われているのです。
もうこれ以上聞いても、分からない部分はどうしても分からないということがはっきりしたところで、テキストを見ました。

次は、グズでノロマな独習法の鉄則、音読です。
第一課からおしまいまで、通して音読します。最後のページまで音読したら、また第一課にもどって、また最終ページまで音読する。
テープを聞いたときに分からなかった部分は、日本語訳を見て意味をつかみます。
活用練習はテープに録音されていませんから、特に発音に注意して音読しました。
テキストの表紙裏に正の字で何回音読したか記録しながら、100回まで続けました。

そして、日本語訳を見て、中国語で言う練習です。
日本語を見て中国語を復元する練習です。即座に中国語で言えるようにします。口で言いながら文を紙に書きます。
中途半端な中国語作文参考書をやるくらいなら、この「実習中国語」で日本語を中国語に直すトレーニングを繰り返したほうがずっとためになると思います。
これも100回もくり返した頃には、ごく自然に中国語が出てくるようになりました。

どの程度の中国語なのか、日本語で例文を紹介します。

日本には代表的なスポーツがたくさんありますが、野球もそのひとつです。 野球は最初アメリカで始まって、明治6年、つまり1873年に日本に伝わり、今に至るまでにもう百年余りの歴史があります。この百年余りの間に、野球は一陣の旋風のように日本の隅々まで行き渡りました。
毎年8月と9月が日本の台風シーズンです。毎回台風のくるたびに、大雨を伴って水害を起こしますが、とくに九州と四国一帯は災害が非常に大きく、家屋の水浸しと倒潰、住民の行方不明と死亡、さらに農作物も大きな損害を受けます。東京もよく暴雨風の半径内に入りますが、中心の位置からは比較的遠いので、災害はそれほどひどくはありません。
こんな感じの文章です。
この程度のことをすらすらと言えるようになれば、そろそろ中国人との会話の練習を始めても、いいと思います。
私は、このテキストを終えたときに、中国人との会話レッスンを本格的に始めました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)